『日清どん兵衛 完熟トマトうどん』食べてみた!

カップラーメンを食べようとコンビニに行くと、棚に不思議なカップ麺を発見!

『日清どん兵衛 完熟トマトうどん』

マジかよ。ということで、新しモノ好きの僕としては、これは食べてみないとと思い、即買いしてみました。

まるで“イタリアン”のような新味に舌鼓!

「緑のどん兵衛」から「赤いどん兵衛」へ(笑)

って競合他社のキャッチフレーズみたいなことを考えてしまうほど、これはロッソなどん兵衛ですよね(笑)。日清食品株式会社(本社/東京・大阪)から発売された『日清どん兵衛完熟トマトうどん』(97g・税別180円・2017年7月31日発売)は、出汁に昆布とカツオを使ったスープに、カゴメのトマトペーストを加えるという企業間コラボ商品です。ウリ文句は「トマトのうまみが口いっぱいに広がるさっぱりとした味わい」。

正直、また“キワモノ”系のカップ麺が出たのかと購入を躊躇したのですが、それ以上にどんな味なんだろうという好奇心のほうが勝ってしまったというのが実際のところです(笑)。

内容物は、デフォルトのどん兵衛うどん麺と液体つゆ、かやくの三品。

かやくは、油揚げを細かくカットした物とキューブ状のトマト、刻んだネギといったところでしょうか。味の決め手は、やはり異彩を放つ「カゴメのトマトペースト使用」の液体つゆということになるのでしょう。

ちなみに、このトマトペーストは完熟トマト1個分のペーストだとか。

それでは、さっそく調理?をしてみたいと思います。

最近のカップ麺は、液体系のつゆが多いので後入れタイプとなります(粉スープでも後入れが増えてきましたが)。ちょっと具が少ないかなぁと思わなくもないです。

熱湯を、内側の線まで入れ、5分待ちます。これも、デフォルトのどん兵衛と同じ。

5分間待つのじゃ!

今さら説明するまでもなく、液体つゆはフタの上で温めるわけですが、僕はいつも残り時間が半分になると液体つゆの袋をひっくり返すようにしています。まあ、時間を測ってピッタリではなく、だいたいのアバウトな感覚ですが(笑)。

さて、無事5分(くらい)が経過したので、実食といきましょう!

液体つゆをうどんの上に絞り出します。「絞り出す」という表現が的確なくらい、これはペースト状です。

いやいや、これはケチャップじゃないの?

と思っちゃいましたが、どうもケチャップ状のトマトペーストに出汁が混ぜ込まれているようですね。よーくかき混ぜてから食べましょう!

気になるお味ですが、まず麺に関してはデフォルトのどん兵衛とまったく同じと思われます。もちもちとして、食べごたえのあるおなじみの麺ですね。

そして、トマトスープですが、サッパリというより「あっさり」。トマト風味はしっかり感じられます。そして、出汁が和風なのにイタリアンのような味わいになるのですね。女性に人気が出そうな味だなあと感じました。

お腹が空いていれば、ご飯を入れてトマトリゾットに!

イタリアンな味わいの『日清どん兵衛 完熟トマトうどん』。これ単体でも十分食べごたえのあるカップ麺だと思いますが、お腹空いていてもっとボリュームがほしいという人は、ご飯を入れて「トマトリゾット」として2度楽しむこともできますね。味にアクセントがほしいなら、これは七味唐辛子ではなく、タバスコを振るほうがしっくり来る感じです。

もちろん、好き嫌いはあるかもしれませんが、僕はこれ嫌いじゃなかったです。リピートしてもいいかもしれないなと思いました。

なお、どん兵衛公式サイトでは、かわいい吉岡里帆ちゃんが商品情報を紹介しているので、見てみるといいんじゃないかな?(笑)